クラミジアの症状

自宅で検査、結果はネットで確認!国認可の登録衛生検査所だから安心!

最近は風俗店でフェラチオなどで男性がクラミジアに感染、その後パートナーに移してしまうケースが増えています。比較的症状が軽いため見過ごしがちですが、放置しておくとエイズや淋病など他の性感染症への感染率が3〜5倍にもなってしまいます。クラミジア検査の際は一緒に他の性感染症検査も一緒に受けておくことをお薦めします。現在は国の認可を受けた検査機関で郵送による検査もでき、結果もパソコンや携帯から誰にも知られずに知ることができます。

主な性感染症をまとめて検査できる男性用検査キット

主な性感染症をまとめて検査できる女性用検査キット

クラミジアの症状とは?

日本でもっとも多い性病と言われるのがクラミジアです。あらゆる性行為によって感染する病気であり、気づかないまま次々と感染させてしまう「ピンポン感染」のリスクが高いことでも有名です。とくに近年では10代〜20代までの若年層での発症が増加を見せています。

 

クラミジアTop

クラミジアの症状は男女で若干の違いが見られます。まず男性クラミジアの症状の場合はおもに尿道に異常が発生します。排尿の際の痛み、あるいは尿道から膿が出るといった症状が男性のクラミジアの症状の代表的なところとして挙げられます。

 

それから尿道のかゆみ、発熱や痛み、さらには精巣が腫れるといった症状が出る場合もあります。女性のクラミジアの症状比べて軽く、気づかないまま放置してしまう場合もありますが、悪化すると前立腺炎や血性液症といった症状が起こることもあります。

 

女性のクラミジアの症状の場合はより深刻な症状に発展するリスクがあります。初期の女性のクラミジアの症状としてはおりものの増加や下腹部の痛み、性交時の痛みとなってあらわれますが、悪化すると不正出血などの症状もでてきます。

 

さらに恐ろしいのは子宮頚管に感染することで子宮頚管炎をもたらすこと。さらに卵管炎を起こすこともあり、不妊症や子宮外妊娠といった深刻な症状を抱えることもあります。しかも感染してもこうした症状をまったく感じないことも多いため非常に厄介です。なお、女性の場合はオーラルセックスによるクラミジアの咽喉への感染にも注意する必要が在ります。咽喉の腫れ、痛み、発熱などといった症状が起こります。

 

このようにクラミジアは症状が表れにくく、悪化すると深刻な状態にまで発展する厄介な病気です。それだけに少しでも自覚する症状があった場合にはすぐに医師のもとへ検査を受けるようにしましょう。

本当にクラミジア?行った行為から疑われる性感染症を調べてみよう

 

クラミジアの予防方法は?

非常に感染率の高い性感染症のひとつ、クラミジア。淋病と並んで注意が必要な病気です。ではこれに感染しないためにはどのような予防方法があるのでしょうか。

 

まず何をおいてもすでに感染している人とセックスをしないこと。これが第一。そして感染してしまった人は完治するまで絶対にセックスをしないことが大前提となります。これはモラルの問題ともかかわってくるので絶対に踏まえておく必要があります。

 

ただ、自覚症状に乏しい病気だけに、本人が感染に気づかないままセックスをしてしまうケースもあります。そんな場合の予防方法としては感染をシャットアウトする対策が求められます。まずはコンドームの使用。男性・女性のどちらが感染していた場合にも細菌の感染を防ぐことができます。ただ注意したいのは咽喉に感染するケースもあること。オーラルセックスは避けるようにするか、コンドームを使用した状態で行う心がけが重要です。

 

あとは不特定多数の相手とセックスをしないようにすること。クラミジアが一番恐ろしいのは次から次へと感染して範囲を拡大させてしまうピンポン感染です。不特定多数の相手とセックスをすればその分感染のリスクが高まりますし、こちらが感染させてしまう恐れも大きくなります。

 

最後に、感染の疑いがある場合にはパートナーも一緒に検査を受けるようにしましょう。知らず知らずのうちにパートナーにも感染しており、一方が治療で完治してもまたセックスで感染してしまう恐れがあるからです。こうしたクラミジアの予防方法は最低限の備えとして覚えておきたいところです。

 

関連する参照サイト

クラミジアの症状:男女別に詳しいクラミジアの症状と治療法などを紹介しています。
性病クラミジア:性病の中でもクラミジアはなぜ怖いと言われるのか?クラミジアと他の性感染症との関係について紹介しています。
クラミジア 男性の症状:男性のクラミジアの主な症状を紹介しています。
クラミジア 女性の症状:女性のクラミジアの主な症状を紹介しています。